地盤が丈夫かチェック|プロに土壌汚染調査を依頼しよう|安全を守るための策

プロに土壌汚染調査を依頼しよう|安全を守るための策

男の人

地盤が丈夫かチェック

ヘルメット

既存の建物は基本的に安全で、地震などの災害がない限り地盤沈下などの恐れはほとんどないといえます。ですが、年月が経つことで脆くなってしまうこともあるため定期的に調査などをしておくことが大切です。地盤の確認をする調査の一つに平板載荷試験というものがあり、平板載荷試験は建物を建設しても問題ないか確認をするための試験となっています。例えば、重量のある建物を建設した時に地盤沈下が起これば作業している人や周辺の人が危険に晒されますし、建設が完了した後に住む人も危険です。そのため、建設しても問題がないか平板載荷試験を行ない、安全性を確保しているのだといえるでしょう。

平板載荷試験では、まず基礎を設置する位置まで穴を掘るのですが、その後は鋼板を敷いて建築物などと近い重さのものを上に置きます。そこで沈下量を測定するのですが、主に建築や土木現場が試験の対象となっています。一回置いて沈下量を測定したら終了というわけではなく1分、2分、5分と経過を見ていくものです。平板載荷試験では地盤の特性を知ることが出来るので、安全な建設を行なっていくことが出来ているといえるでしょう。また、平板載荷試験を依頼する場所によって試験方法が異なるため、事前に調べた上で依頼をすることが望ましいです。平板載荷試験の条件などもインターネットホームページに掲載されているので、依頼前に確認しておきましょう。そうすることでスムーズに平板載荷試験を行なうことが出来ます。