早めの対策を|プロに土壌汚染調査を依頼しよう|安全を守るための策

プロに土壌汚染調査を依頼しよう|安全を守るための策

男の人

早めの対策を

作業者

東日本大震災が起こった時、様々な場所で液状化現象が発生していました。液状化現象は地盤が液状のようになり、道路が沈没してしまったりするものです。今まで普通に通っていた場所が液状化現象で沈没してしまうことは大変危険で、これは住宅にも起こるものだといえます。地震の影響があまりない場合でも、ちょっとした衝撃で液状化現象が起こることもあるのでそうならないためにも液状化対策は行なっておくべきです。一度液状化し、再度液状化する可能性も高いと言われているので、しっかりと液状化対策をしていないと再発の危険性があります。そのため、しっかりと液状化対策をしてくれるプロに依頼をするようにしましょう。

液状化対策が行なわれておらず、液状化現象が起きた場合は自分の家ではなくてもライフラインに影響が出る可能性があります。液状化現象で上下水道の管路が切断されたという事例があり、管路が切断されてしまうと水が使えなくなってしまいます。また、それだけではなく管路が繋がっている地域も土砂が紛れることがあるので水が出ても使えなくなってしまうでしょう。液状化対策は命を繋ぐ水を確保するという意味でも重要になるので、必ず行なっておきましょう。液状化対策を行なってくれるプロは全国に存在しますが、近くにプロがいない場合でもエリアを確認すると見つけることが可能です。中には広範囲のエリアで活躍しているプロもいるので、相談して液状化対策を実施してもらうと良いでしょう。