プロに土壌汚染調査を依頼しよう|安全を守るための策

男性と女性

安定した物件にする

工事現場

地盤はとても大切なもので、良いところに建物を建設すると住む人も安心出来ますが最近は良い地盤ばかりではありません。また、家屋倒壊しないためにも地盤調査は行なっておくべきだといえます。

もっと読む

地盤が丈夫かチェック

ヘルメット

平板載荷試験は、建物が問題なく建設出来るか確認をするものとなっています。建物を建設する場合、基礎を設置するまでに穴を掘るのですが重さを加えると沈下しないかなどの確認をする必要があります。

もっと読む

様々な依頼理由

模型

普段、土の中というのは確認をしないもので有害物質が蓄積されていたとしても気づかないものでしょう。例えば住宅の下がどうなっているかなど気にする人は少なく、土壌汚染が進んでいると健康を害すことがあるので注意しなければなりません。そのため、定期的にプロの方へ土壌汚染調査を依頼すると良いです。土壌汚染調査は建物がない状態で行なわれるというイメージを持っている人が多いのですが、既存建物でも土壌汚染調査は行なってもらうことが出来ます。解体前に行なってもらう事例もありますし、解体後に依頼をする人も少なくありません。土壌汚染がないか都合の良いタイミングで問題ないので、健康を守るためにも行なっておくようにしましょう。また、自身だけの問題ではなく近隣住民にも影響を及ぼしてしまうことがあるので早めの調査が大切です。

土壌が汚染されている場合、近くに畑などがあるところでは農作物に注意しなければなりません。汚染された水や土で育った作物を多くの人が口にしてしまうので、そこから人体の被害が広がっていくといえるでしょう。また、被害を及ぼさないためにも土壌汚染調査が必要不可欠になるのですが、マイホームを所有している人は資産価値を高めるために依頼をする人も多いものです。土壌汚染が確認された場合、もちろんその物件は価格が大幅に落ちてしまいます。土壌汚染の物件に住みたいと考える人はいないので、不動産会社などにも影響を及ぼしてしまうといえるでしょう。

早めの対策を

作業者

地震が原因で液状化現象が各地で起こり、ライフラインにも影響を及ぼしました。そのため、今後そういったことがないように液状化対策をしっかりと行なっておくことが大切だといえるでしょう。

もっと読む